投稿日:

技術者アウトソーシング会社立ち上げについて

会社設立前に既に存在している派遣会社で営業職として3年経験したのちに独立をしました。営業職として勤めていた理由としては、人材を雇う上での資産の動きが見えやすい事があげられます。派遣法の知識も得られ、常に顧客を相手にする上でコンプライアンスを理解できるメリットを感じて、3年間の下積みを目標として業務についていました。

開業にあたっては、先ず資金面で想定以上の負担があり、すぐに進めることが出来ませんでした。そこで重要になったのは、独立開業に関しての専門機関への相談でした。

単純に悩みながら無理やり進めることも可能だったとは思いますが、開業時に専門機関から斡旋されたコンサルタント会社とは今でも関係を続けています。コンサルとは、会社設立だけではなく、その後の会社運営に大きく必要と感じました。

特に開業1年目はわからないことが都度現れる状況となり、戦略が戦略として成り立たなくなる場面が多かったです。正直、会社経営について甘く考えていた部分が多く、「何をすれば稼げる」より「何をしなければ稼げない」を相談できる存在はありがたい存在になりました。

法人として開業時には考えていなかったような当たり前の話も色々学ばせてもらえました。顧問の弁護士事務所も無数にある中から紹介してもらえたことで、失敗したと思ったことは今までありませんでした。

開業することは、その道の知識取得や勉強をしていても、法人についての法律までは理解しきれていない方が大半だと思います。

何も考えずに飛び込めということではありませんが、考えてもわからない問題については専門家やコンサル会社を利用することも方法の一つだと思います。