投稿日:

アルファードを仕事で借りてリースの考えが変わりました

私の会社は設備のメンテ手ナンス業をやっておりまして、営業車として日産のキャラバンを購入し、長年使っていました。

仕事先は、機械設備を持つ工場が殆どの為、特に地方の工場や工事現場に連日繰り出すことが多く、10万kmも走ったら、毎年の恒例行事のように足回りが消耗してまいります。先日、どうしても外せないアポイントがあった際にロアアームのブッシングがやられ、修理に溶接も含む為1週間かかるといわれました。ステアリングがふらついて危険だった為、急遽知り合いに相談したところアルファードがあいてるとのことで丁度いいとのことで1週間借りることになりました。

以前の率直なイメージでは社長専用車であまり好きではなかったのですが乗車した感想としまして、同じ排気量なのに桁違いに快適、安定した走りで従業員の乗り降り工具の積み下ろしも非常にスムーズでさらに1週間延長して借りてしまいました。聞くところによるとアルファードのリース車で常に新車が配車されるサービスとのこと。私は経理もおこなっているので、維持費に頭を抱えていただけではなく、燃費も落ちてくるは、固定資産登録、評価替えも一仕事であります。その点経費でさっぱりと会計処理でき、維持費も手間もかからないリース車は、考えれば考えるほどメリットしかないような気がしてきました。特に常にツールとともに動く仕事をしている各業界のエンジニア系の方が使用する営業車としてはリース車一択しかありません。