投稿日:

借金の返済に首が回らなくなったら弁護士へ

フリーローンは手軽にお金を借りることができるということで、とても助けられている人も多いことと思います。しかし、きちんと返済計画を立てて借りないと、後から自分の首を絞めることにならないとも限りません。

実際、ローンの返済ができなくなってしまった人は数えきれないほどいるのです。理由は様々でしょうが、結局自分の返済能力を超えた額を借りてしまったわけです。本来は、年収の3分の1までしか借りることはできない仕組みになっているのですが、それ以上の借金を抱えてしまっている人は決して少なくないのです。たとえば、給料(ボーナス)が予定していたほど貰えなかったり、仕事を急に止めなければならなくなれば、その途端に返済に窮することになります。

もし、返済不能に陥ってしまった場合どうしたら良いのでしょうか。闇金にでも手を出さない限り、怖い借金の取り立てに追いかけまわされることはないでしょうが、それでも督促状が届くようになると、精神的に追い込まれてしまうこともあるでしょう。そのような場合は、専門の弁護士に相談してみるのも手です。

可能な債務整理を提案してくれます。たとえば、過払い金がないか調べて、もし過払い金がある場合は、返還請求手続きを弁護士が行ってくれます。また銀行や消費者金融に対して返済額を減らすように交渉することもあります。任意整理や個人再生などと言ったりしますが、金融機関としては返済がゼロになるよりは、返済額を減らすことに応じてくれる可能性が高いのです。それでもうまく行かない場合は、最後の手段である自己破産という方法もあります。