投稿日:

発酵食品は健康に良い!赤味噌とほかの味噌との違いとは

発酵食品というとよく健康に良い、栄養価が高いと言われているので有名ですよね。その中でも、味噌はお手軽で、さまざまな料理にも使われているので好きな方も多いと思います。

中でも、通販で購入した赤味噌はコクがありますが塩分は少し強めです。白味噌と比べると、しょっぱいですが長い期間熟成され豆麹の香りも良く、さっぱりとしているので、特に夏場の暑いときには合います。

きゅうりやじゃがいもなどの野菜で味噌汁を作るのが我が家では夏の定番です。そうめんや焼き魚といったさっぱりとした食事との相性も抜群です。赤味噌を使った土手煮なんかも美味しいですよね。

発酵食品はできるだけ毎日摂取した方がいいと言われています。よく韓国人は肌がきれいだと言いますが、実際に韓国へ行ってみると、肌がきれいな人を多く見かけます。どこかみずみずしいです。韓国の食事では、発酵食品が多く取り上げられています。有名なのは、キムチですよね。キムチ、納豆、味噌に豆腐。ここら辺はだいたい韓国料理の中に入っています。キムチチゲなんて、キムチと豆腐まさにこのふたつは主役です。キムチチゲにすこし赤味噌を入れてもコクが出て美味しいのですが、こうなると発酵食品のパラダイスですね。発酵食品を食べると腸の動きが活発になるので、お通じにも効きますし、余計な老廃物も出やすくなるので、肌の調子も良くなるのです。そして、栄養価も高く、ヘルシーであることからダイエットにもお勧めです。

味噌は味噌汁にしても、野菜炒めに使っても、サバの味噌煮やほかの煮物、そしてカレーなどのスパイスの効いた料理の隠し味にも使える汎用性の高さです。味噌、白味噌、赤味噌とそれぞれ個性があるので、色々と試ししてみることをおすすめします。