いつだって遅くない!これから始めるプラセンタ

プラセンタとは、お母さんがお腹の中で赤ちゃんを育てるための重要なもの、別名胎盤のことです。
胎盤にはアミノ酸やミネラル、酵素、ビタミン類や核酸様物質、ヒアルロン酸でお馴染みのムコ多糖類など、身体の健康や美容のために必要な栄養素が驚くほどにたっぷりと含まれています。
哺乳類の動物たちは、出産した時に赤ちゃんと一緒に出てきた胎盤を食します。もしかしたら、豊富な栄養素を本能的に取り入れようとしているのかもしれません。実際に胎盤には失った体力を回復し、ホルモンの分泌を捗らせてくれるのでおっぱいが出やすくなります。人間も動物から学ぶべく、プラセンタの効果を知っていきましょう。

・プラセンタの種類とその効果
プラセンタには動物性、植物性、そして海洋性プラセンタと色々な種類があります。元来は動物性、哺乳類の胎盤のみを指しました。
しかし最近では胎盤と似通った働きと栄養素のあるものもプラセンタと呼ばれています。
植物性、海洋性共に哺乳類の成長因子を含まないので動物性のプラセンタには劣りますが、その栄養素はどちらも目を見張るものがあります。特に海洋性プラセンタは美容効果が期待できます。お魚の卵を包む卵巣膜にコラーゲンやアミノ酸、ヒアルロン酸が詰まっていて、健康の助けとなるでしょう。

・プラセンタの更年期障害への効果
40代あたりから女性の卵巣の機能はゆっくりと衰え始めます。すると卵巣から作られる女性ホルモンは低下し、更年期障害を生じさせ不快な生活を余儀なくされます。
プラセンタには、エストロゲンというホルモンの濃度を高めることでホルモンのバランスを正常化し、更年期障害に効果を発揮します。
気持ちや身体の健康を取り戻し、その上お肌のハリとツヤにも非常に効果的なため女性に嬉しいことづくめです。

・プラセンタと血行促進効果
ドロドロ血液には造血作用や血行促進作用のあるプラセンタがよく選ばれています。
自律神経調整作用もあるので、バランスの崩れた神経からくる血行不良にも効果てきめんでしょう。

・プラセンタの選び方
昨今、プラセンタは通販でも簡単に手に入ります。
お勧めなのは豚のプラセンタで、病原菌を持たず健康状態をしっかりと管理されているSPF豚が良いでしょう。馬の場合は普通の馬よりも厳しい飼育環境のサラブレッドが安全です。
ひとつひとつの症状に合ったプラセンタは必ずあるので、是非試してみてくださいね。