動物性プラセンタとは違う、海洋性プラセンタの魅力とは

美容と健康に効果を発揮するプラセンタ、
今や知らない女性はいないのではないかというほど、
知名度が高く、話題となっている成分の1つです。

プラセンタは、豚や馬の胎盤由来の成分ですが、
最近、海洋性プラセンタという言葉もよく聞くようになりました。
海の生き物にも胎盤ってあるの?と不思議に思っていた人もいるかもしれません。
もちろん、魚には胎盤がありませんが、イルカやクジラ、アザラシなど、
海で生きる哺乳類には、馬や豚と同じように胎盤があります。
しかし、海洋性プラセンタの原料となっているのは、
それらの生き物の胎盤ではなく鮭の卵巣膜、つまり筋子の外側を包む薄い膜です。

豚や馬の胎盤由来の動物性プラセンタの大きな魅力は、
その動物の成長を促す成長因子が含まれているという点です。
海洋性プラセンタの原料となる卵巣膜にも、
卵に栄養を与えるという働きがあるため、栄養素は豊富に含まれていますが、
当然、動物性プラセンタと同じ成長因子は含まれません。

しかし、だからといって美容効果が全くないというわけではありません。
動物性プラセンタと同じ効果は期待できませんが、
海洋性プラセンタには、海洋性プラセンタならではの効果があります。
その違いを理解して上手に利用すれば、より美しさに磨きがかかるでしょう。

海洋性プラセンタに含まれている成分は、9種類の必須アミノ酸と、
18種類のアミノ酸、ヒアルロン酸、ミネラル、ビタミン、エラスチンなどです。
美容と健康にこだわる女性なら、どれもがなじみ深い成分ではないでしょうか。
なかでもエラスチンは、たるみがちな肌にハリを与えるために欠かせない成分、
コラーゲンと同時に補うことで、シワの目立たない、
若々しいハリに満ちた肌を取り戻すことができます。
また、豊富に含まれるアミノ酸は、疲労回復にも効果的、
どんなに美容にこだわっていても、疲れた顔をしていては台無しです。

動物性プラセンタの大きな特徴に、独特のニオイや味があります。
そのため、プラセンタドリンクには、様々な手段でニオイや味を抑えています。
比較的クセの少ない海洋性プラセンタのドリンクは、過剰な味付けや香りづけは不要なため、
飲みやすくて美味しい美容ドリンクに仕上がるのも魅力の1つです。